住宅ローンを組む

住宅ローン選定時の注意点

マイホームを持つことは働く人にとって目標の1つですが、不動産は非常に高額なため大半の人が住宅ローンを組んで購入することになります。住宅ローンは銀行をはじめとるす多くの金融機関が取扱をしており、また不動産住宅ローンには大きく分けて変動金利型と固定金利型の2つの種類があります。どの商品をどの金融機関から借りるかで支払総額が大きく変わってきますのでその選択の重要性はいうまでもありません。まず各金融機関の商品の比較をすることから始まりますが、インターネットで一括見積できますので便利です。そこには金利をはじめ保証料や事務手数料、繰り上げ返済時の手数料が必要となるのかといったサービスについても記載されているので総合的にみて判断することが重要です。

借り換えを利用する時の注意点

不動産住宅ローンには借り換えという選択肢もあります。これはそれまでに利用している住宅ローンから別の住宅ローンに切り替えることです。金利が低いと支払利子を抑えることができるため結果として総支払額を少なくすることができます。しかし注意しなければならないのは住宅ローンを借り換えする時にローンを組んだ時と同様に手数料が必要となります。おおむね約100万円の手数料が必要となるため金利が減る分で本当に支払総額が少なくなるのかどうか総合的に検討してから実行することが大事です。不動産は非常に高価な買い物であるため支払利子も多くなるため少しでも支払利子を抑えるための検討は重要です。今は変動金利の利率が低いためこちらを利用することが得策です。